豊橋市でスポーツと交通事故治療で評判の接骨院豊橋の接骨院・整体で日本代表やプロ選手も通う太陽堂接骨院

0532-69-5655

「ホームページを見た」とお伝えください

24時間メール受付

夜9時まで営業

保険取扱い

 
10:00~13:30(最終受付13:00)
14:00~17:00
17:00~21:00(最終受付20:30)

捻挫やシンスプリントの痛みが治療とトレーニングで早く復帰!

怪我をする前よりパフォーマンスアップして復帰することを目指す豊橋市の太陽堂接骨院です

こんなうれしいお声を頂きました。

患者さんの声

『バスケット中にレイアップをした後の着地で相手の足を踏んでしまい足首を捻ってしまったり、シンスプリントを痛めてしまいました。

早く治して試合に出たくてトレーニングをやってくれるということをコーチから聞いたので太陽堂接骨院に行くことにしました。

超音波で靭帯が傷ついていることを確認してもらい腫れていたのでテーピングをしてもらいだいぶ楽になりました。

痛みが引くまではなるべく動かさないようにするしかないと思っていましたが、早く部活に復帰するためにやれるトレーニングをスポーツトレーナーの方がアスリートリハビリトレーニングをたくさん指導してくれました。

今まで知らなかった使えていない筋肉も多くトレーニングをするうちに捻り癖もなくなりました。

思っていたよりも早く復帰できバスケットでの体の使い方や体の強さも良くなりました。 太陽堂接骨院でトレーニングできてよかったです。
ありがとうございました。』

【太陽堂接骨院がサポートしたこと】

カズハちゃんが一番最初に来た時はバスケットの練習でオフェンス中に相手の足に乗って捻挫でした。

足を着いて歩けず、超音波画像装置で確認したところ靭帯などの損傷がみられたため、テーピングだけだと動いてしまい痛みが出てしまうのでL字型のギプス固定にして固定と松葉杖にしました。

L字型のギプス固定はこんなのです

👇

歩くのが困難なものやしっかりと安静にした方がいい場合はテーピングだけでなく、ギプス固定をすることもあります。

骨折や脱臼などの疑いがある場合は、応急処置として固定を行い整形外科に行ってもらうので安心してください。

また足首の捻挫癖がずっとあり、筋肉の収縮が入りにくい部分が多くあり、足の内在筋(足の中にある筋肉)がしっかり使えないので片足立ちをする際ににも指で踏ん張って安定させようとしたりしてしまっていました。

そうゆうことが多くなってしまうと捻挫の痛みがなくなると今度はシンスプリントの痛みが出てきてしまうと負のループですね・・・

これまでが捻挫をしていてもあまりトレーニングを行っていなかったようなので、足の腫れや痛みが強い時期は股関節の動きや体幹を安定させるようなトレーニングから。

徐々に腫れが引いてくると動かしても良くなるのでちょっとずつチューブでのトレーニングなども行っていきます。

どんなことをやるのかはこちらの記事を読んでみて下さい

【足関節捻挫後に行うおすすめトレーニング①】

【足関節捻挫後に行うおすすめトレーニング②】

【足関節捻挫後に行うおすすめトレーニング③】

【足関節捻挫後に行うおすすめトレーニング④】

【足関節捻挫後に行うおすすめトレーニング⑤】

シンスプリントというものはふくらはぎの深い所にある筋肉がスネの骨(骨膜)を引っ張ってしまい炎症が起こっている状態です。

足の着き方や股関節の使い方、体幹の安定などがとても重要になってきますので、バランス系のトレーニングも行っていきました。

バスケットでは固い体育館の上でジャンプやランニングを常に行っていますので、シンスプリントで悩んでいる選手は多いと思います。

そんな方はぜひご相談ください

 

カズハちゃんはバスケ中の事故に近い捻挫も多く、最後の大会の数か月前に大きな捻挫をしちゃいましたね。

トレーニングもしっかり頑張ってやれて最後の大会に間に合ってよかったです。

いつもニコニコしていて素直なカズハちゃんがくるとみんな笑顔になってました。

またいつでも顔出しにきてくださいね

また会えるのを楽しみにしてます。

 

 

【疲労骨折したけど、治療とトレーニングをしていったことで高校バスケをやりきることができた!】

患者さんの声

バスケットをしていて足の痛みがあり、病院に行き診てもらい、足が疲労骨折していました。
チームのトレーナーがいる太陽堂接骨院を利用しました。
 

 超音波や電気を貸し出していただき、回復をスムーズにできるよう治療して頂きました。

また患部以外のトレーニングもやった方が良いとのことでアスリートリハビリトレーニングも行ってくれました。

トレーニングを通して怪我の回復はもちろんですが復帰後の怪我の予防も同時に学ぶことができました。 おかげで大きな怪我がなく高校バスケをやりきることができました。

ここで学んだトレーニングやリハビリの基礎をしっかり理解して大学でも怪我のないよう強い体作りを頑張っていきたいと思います。

ありがとうございました。
(トレーニング後で手がプルプルでした。 読みづらい字でごめんなさい)

野澤登真

【太陽堂接骨院がサポートしたこと】

登真くんは足の骨の立方骨と踵骨の疲労骨折が起きていました。

まずは骨折している部分を早くくっつけることをしなければなりません

太陽堂接骨院では骨折治療のために開発された特殊な超音波電気刺激のLIPUSを使って早く骨折した部分が修復できるように促していきます。

このLIPUSは治療期間を40%程度短縮することが可能ということが臨床的に実証されているため、骨折を早く治したいという方にはおすすめです。

1回20分程度患部に当てるだけで良く、ビリビリする不快感も少ないため、電気が苦手な方でも安心です。

 

足首の捻挫癖が多かったため、ジャンプ着地や走るときなども足の外側に体重がかかってしまっていました。

骨折だと病院との連携が必要となるため、荷重させてもいいのか確認を取りながらのリハビリとなります。

それまでの間は股関節のトレーニングや体幹のトレーニングを行い、荷重がかえられる状態になるまで患部以外のトレーニングを行っていきます。

荷重が少しづつかけられるようになったら、外側にかからないように足全体で体重を支えるようなトレーニングや足首周りのトレーニングを行っていきます。

ふらつく状態をつくればつくるほど外側に体重がかかってしまうので、そうならないように意識しながらのトレーニングです。

また、股関節が上手く使えないとサイドランジやジャンプ着地のときも足に全て力がかかってしまいます。

そうならないように股関節の使い方なども大切になってきます。

復帰したときには骨折する前よりもジャンプ力も増し、バランスも良くなっていたのははっきりとわかりました。

 

去年はコロナの影響でインターハイもなくなり、練習もなかなかできなくて苦労したと思います。

桜丘高校バスケ部の主将として、ウインターカップで活躍していた姿を見るととても嬉しくなりました。

大学でもバスケットを頑張るようなので頑張ってもらいたいと思います。

活躍している姿がまた見れるのをみんな楽しみにしてますね!

ありがとう!

 

怪我する前よりパフォーマンスアップして復帰することを目指す豊橋市の太陽堂接骨院

太陽堂接骨院 公式HPはこちら