豊橋市でスポーツと交通事故治療で評判の豊橋の接骨院・整体で日本代表やプロ選手も通う太陽堂接骨院

0532-69-5655

「ホームページを見た」とお伝えください

24時間メール受付

夜9時まで営業

保険取扱い

 
10:00~13:30(最終受付13:00)
14:00~17:00
17:00~21:00(最終受付20:30)

ランニングシューズとウォーキングシューズは〇〇〇が違う

靴の選び方について情報発信してきましたが、少し間が開いてしまいすみません。

また今年もいろいろとみなさまにとって少しでも有益な情報をお届けできればと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

 

今回のテーマは、【ランニングシューズとウォーキングシューズの違い】についてです。

 

みなさんは普段運動されるときには何を履いてやっていますか?

 

ランニングシューズ履いてるーって方もいれば、ウォーキングシューズという方もいると思いますし、何のシューズか分からないという方もいるかと思います。

運動の種類によってやはりシューズの種類は変えるべきだと思います。

バレーをやる方がバレーシューズを履いてやるように、ランニングする際にはランニングシューズを履いた方が効率よく運動ができます。

それでは今回はランニングシューズとウォーキングシューズの違いについてお伝えしていきますね

上にランニングシューズ(左)とウォーキングシューズ(右)の写真を載せました。

まずは、ソール部分の違いをお話します。

 

そう、【ソール】が違うんです!

 

ソールはランニングシューズの方が柔らかいことが多く、それによりクッション性も高くなります。

逆にクッション性があるということは安定性が少し低下するということにもなります。

ウォーキングシューズの方がソール部分が固いためクッション性は低下しますが、安定性が上がります。

ウォーキングシューズでランニングを行っているとクッション性が低いため身体への衝撃は強くなると考えられますよね。

 

逆にランニングシューズでウォーキングを行うと安定性が低いためグラつきが出やすいことが考えられます。

このように目的と違った靴を選んでしまうと効率よく運動ができない、人によってはどこかに痛みが出るかもしれませんね。

今回はランニングシューズ・ウォーキングシューズの違いとして【ソール】の違いをお伝えいたしました。

まだほかにもありますので、お楽しみにー!