豊橋市でスポーツと交通事故治療で評判の接骨院豊橋の接骨院・整体で日本代表やプロ選手も通う太陽堂接骨院

0532-69-5655

「ホームページを見た」とお伝えください

24時間メール受付

夜9時まで営業

保険取扱い

 
10:00~13:30(最終受付13:00)
14:00~17:00
17:00~21:00(最終受付20:30)

疲れにくい靴を選ぶためにはこういう所をチェックしよう!

靴の選び方についてお伝えしてます。

疲れにくい靴を選ぶためには

【〇〇〇が固い靴を選ぼう】です。

みなさんは靴を選ぶときにどういうところに注目して選んでますか?

・色

・デザイン

・縦幅

・横幅

などなどいろいろとこだわりなどもあるかと思います。

こだわりが全くない方もいるかもしれませんね。

前回までは足のサイズから中敷きの大きさについてお伝えしてきましたが、タイトルの【〇〇〇が固い靴を選ぼう】の〇〇〇に入るのはかかとです

今回のお伝えするポイントは【かかと】です!

かかと?固い?

意味わかりませんよね・・・

まずはご自身が持っている靴を持ってきてください。

 

その【かかとが固い】というものがどういうものかをお伝えしますね。

写真のように靴を下から持ってください。

そして。反対側の手でかかとを左右から掴んで押してみてください。

左のようにかかとが潰れてしまう靴を履いてませんか?

かかとが固い靴というのは右側の写真のように左右から潰しても潰れないものをいいます。

 

なぜ、かかとが固いものを選んだ方がいいかというと歩くときにはかかとから足を着きます。

その際にかかとが柔らかいと内側や外側に倒れこんでしまいます。

これは足に痛みがある方に靴を履いて歩いていただいた瞬間の写真です。

左足が着地して体重が乗っている時にかかとが内側に倒れてしまっているのが分かると思います。

この方には靴の重要性とこの写真を見ていただき、かかとがしっかりと固いものを購入していただきました。

靴だけが全ての原因ではないですが、痛みも軽減し、なくなっていった例でもあります。

それだけ靴のかかと部分というのは大切だということです。

よく小学生がかかとを潰して履いたりしていますが、絶対にダメです。

めちゃくちゃ走り回っている子たちが毎回走るたびに足にストレスがかかっているからです。

子どもたちの痛みでよくあるかかとの痛みも足のサイズを測ってサイズを合わせ、かかとがしっかりした靴を履いてもらうだけで痛みがだいぶ変わることはよくあります。

ぜひみなさんもご自身が持っている靴のかかとを確認してみてください。

 

次にかかととは違う部分が固いものを選びましょうというお話もしていきます。

どこだと思いますか?

正解は・・・

【土踏まずが固い靴を選ぼう】です

また難しそうな感じしますよね・・・

すみません・・・

できるだけ分かりやすく説明しますので、最後まで読んでください(^^)/

 

まず土踏まずってどこかから説明していきます。

赤丸で囲んである部分がいわゆる土踏まずと呼ばれる部分です。

靴を履いた時に土踏まずが当たる部分が固いものを選びましょう!というのが今回のお話になります。

じゃあ、靴だとどんな感じに土踏まずの部分がなっているかですね。

 


上の写真はランニングシューズの底面です。

土踏まずの部分はこんな感じになっているものがあります。

種類によってこの土踏まずの部分の形状は違ってきますが。

ここの土踏まずの部分は【シャンク】と呼ばれ、しっかり足のことを考えてつくられた靴はシャンク部分が固くなっています。

なんで、足のことを考えてつくられた靴はシャンクが固いのか

それは、歩くときの足の形状にヒントがあります

歩くときにはこんな感じでつま先立ちのような形になり地面を蹴り出します。

土踏まずの部分は曲がってませんよね

ということは歩きだす際には靴の土踏まずの所は曲がらない方がいいということです。

そこは固い方が歩く時に足をサポートしてくれるのです。

革靴だと靴の中にこんな感じで金属が入って固くなっています。

 

そこは曲がらないように補強がしてあるんですね。

では、どうやってそれを見分けるかです。

柔らかい方が歩きやすそうなイメージがあるかもしれませんが、かかとや土踏まずの部分が固いものの方が歩くときに足をサポートしてくれるんです。

じゃあ、どうやってその土踏まずの部分が固いかどうか調べるかです。

その方法はこちらになります

⇩⇩

写真のようにかかと部分とつま先を掴んでください。

掴んだらつま先側を上に折り曲げるようにしてみて下さい。

上の写真のように土踏まずの部分が曲がらずに前の方が曲がるものは〇です。

 

一方、2つ目の写真の靴のように土踏まずの部分が折れ曲がってしまう靴は歩く際に支えにならないため足に負担がかかってしまします。

少し難しいですが、とても重要なチェックになるので、ぜひ確認してみてください。

ランニングシューズの中でもレーシングシューズといわれるような大会用の靴などは土踏まずの部分はあえて固くしていない場合もあるので補足としてお伝えしときますね。

レーシングシューズになるとある程度自分の筋力で支えられる前提で作ってあるためある程度柔らかく作られているといわれます。

ということは!筋力がしっかりとない選手が土踏まずの部分が柔らかいレーシングシューズを履いてめちゃくちゃ練習をすると怪我をする可能性があるということです。

距離を重視するようなトレーニングであればランニングシューズやセミレーシングというランニングシューズとレーシングシューズの中間の靴を選ぶということもありだと思います。

そしてスピード重視のトレーニングであればレーシングシューズに履き替えるという感じですね。

当院に来ていただいて靴を確かめる際にもまずはこの土踏まずの部分とかかとがしっかりと固いかどうかを僕はすぐに確かめます。

それくらい重要な部分ということです。

みなさんも持っている靴の土踏まずの部分が固いか確認してみてくださいね。

足のサイズを知りたい

持っている靴が自分に合っているか確認してほしいなどあればぜひご連絡ください。

 

怪我をする前よりもパフォーマンスアップして復帰することを目指す豊橋市の太陽堂接骨院

太陽堂接骨院 公式HPはこちら