豊橋市でスポーツと交通事故治療で評判の太陽堂接骨院

0532-69-5655

「ホームページを見た」とお伝えください

24時間メール受付

夜9時まで営業

保険取扱い

 
10:00~13:00(最終受付12:30)
14:00~17:00
17:00~21:00(最終受付20:30)

シンスプリント予防 あなたのジャンプ動作上手にできていますか?!応用編

こんにちは☀️

ジャンプの着地動作時には股関節・膝関節・足関節がクッション(衝撃吸収)の役割をしています。

3つの関節がうまく使えないと関節に多く負担がかかり、怪我へと繋がります。

前回ジャンプ動作での基本トレーニングを紹介しました。

前回のブログはこちら💁🏻‍♀️

 

今回はジャンプ動作での応用編です。

①ジャンプスクワット

前回の両足スクワットが基本の姿勢となり、その場でジャンプ・着地します。

ジャンプスクワット 正しいもの

*ポイント

ジャンプ着地時にしっかりと股関節・膝関節・足関節を使い、衝撃吸収をすることです。

膝のお皿とつま先を真っ直ぐに向けることと膝がつま先を超えないよう気をつけます。

ジャンプスクワット 間違っているもの

シンスプリントの方はつま先が外へ、膝が内側へ倒れ(いわゆるknee inといいます)すねの内側へ負担がかかりやすくなります。

BOXジャンプ・着地

BOXを使ってジャンプ・着地を行います。

両足ができる方は片脚で安定した着地ができるようにします。

スポーツ動作の中で安定して両足で着地する場面もありますが、バランスを崩して片脚で着地する時もあります。より怪我をしやすい場面になるため、そこを想定して行います。

両足BOXジャンプ・着地 正しいもの

片脚BOXジャンプ・着地 正しいもの

*ポイント

ジャンプ着地時にしっかりと股関節・膝関節・足関節を使い、衝撃吸収すること。

膝のお皿とつま先を真っ直ぐに向けることと膝がつま先を超えないよう気をつけます。

両足BOXジャンプ・着地 間違っているもの

片脚BOXジャンプ・着地 間違っているもの

正しく安全にジャンプ動作を行う事が、怪我予防になり、パフォーマンスアップに繋がります。意識しなくても行えるようにトレーニングしていきましょう♪

シンスプリントの怪我や身体の痛みに不安がある方はこちら💁🏻‍♀️