豊橋市でスポーツと交通事故治療で評判の豊橋の接骨院・整体で日本代表やプロ選手も通う太陽堂接骨院

0532-69-5655

「ホームページを見た」とお伝えください

24時間メール受付

夜9時まで営業

保険取扱い

 
10:00~13:30(最終受付13:00)
14:00~17:00
17:00~21:00(最終受付20:30)

シンスプリント予防 あなたのジャンプ動作上手にできていますか?!

こんにちは!

前回のブログでバスケットやサッカーにピックアップしたトレーニングを紹介しました。

基本編

応用編

今回はジャンプ動作にピックアップしてトレーニングをご紹介していきたいと思います!

ジャンプ動作はバスケット・バレーや陸上などのスポーツに多い動作になります。

ジャンプ動作はジャンプ着地時に股関節・膝関節・足関節が使えることでクッション(衝撃吸収)の役割をしています。

クッションがないと関節に多く負担がかかり、怪我へと繋がります。

まずは基本の動作から

①後方ゆさぶり運動

開始姿勢は肩の下に手を置き、肘は内側を向けます。股関節の下に膝がくるように四つばいになります。

背中は真っ直ぐを常に意識します。

後方ゆさぶり運動 正しいもの

*ポイント

股関節を曲げるトレーニングになります。

後ろに下がった時に骨盤・背中が丸く(後傾)ならないように注意します

後方ゆさぶり運動 間違っているもの

②両足スクワット

*ポイント

ジャンプの飛ぶ時の姿勢、着地の姿勢になります。バスケットではディフェンスの姿勢(パワーポジション)とも言われます。

①の運動を立って行うトレーニングです。

シンスプリントの方はつま先が外側へ向き、膝が内側へ倒れやすいので、注意してください。

これらのトレーニングがジャンプ動作を安全に行うための基本動作になります。

常に美しいフォームを意識して怪我を予防しましょう♪

シンスプリントの怪我や身体の痛みに不安がある方はこちら💁🏻‍♀️